登記できた!と思う

今日中に登記するぞ!と、我が家は朝から登記ムード一色。

まずはラジオ体操をして、快適にお目覚め。

さて、申請ソフトの営業時間は、8時半から。

(このソフトは営業時間外だとオフラインで起動しています)

少し待って、、、8時半になったと同時に、送信ボタンをクリック!

表示がすぐに「到着」に変わった。

どうやら無事に到着したようだ。

あとは返事がくるのを待つだけ。

コーヒーなど飲みながら待っていたけど、、、どうもせっかちな性格なので、法務局に電話してきいてみる。

どうですか?届いてますか?問題ありませんか?

なんと!

「添付されたファイルが読めませんでした。」

と言われる。

やはり拡張子をムリヤリ書き換えたのではだめだったか。。。

すると

「オンライン作業で問題があるようでしたら書類を持参していただいても良いですよ」

とのご提案をいただく。

うーん、でもオンラインでやれば5000円お得になるじゃないですか?持参したら税金も増えるのではないですか?

と、経費削減のための努力をする。

「いえ、オンラインで申し込みすれば税金が安くなるので大丈夫です。」

とのこと、なるほど。申し込みするだけで安くなるんですね。

これは使わなきゃ損ですね。

でも、定款だけは電子署名をしてCD-Rを持参しないと、印紙代4万円が削減できない。

ソフトの使い方については、お教えいただけなかった。

仕方がないのでacrobatの体験版を入れてみる。

最新の体験版はバージョンが10だった。

しかし、法務省からダウンロードできる署名用のプラグインは、バージョン9までしか対応していない。

午前中には法務局に行く予定だったのに、、、

イライラして、じだんだ踏みながら作業して、どうにか書類を用意する。

いざ、法務局へ。

書類をその場ですぐに見てもらえたけども、定款の目的に問題あった。

具体的に書かねばならない、と。修正が必要とのこと。

他に問題があるかどうか探してから後でご連絡します、ということでその場を去った。

そして、お昼を食べながら富谷までゴー。

仕事中に息子がワゴンをがさごそ開けてしまってあぶないので、ワゴンの鍵を受け取りに行く。

その帰り道、もう連絡が来た。

「あれとこれとこことそこを直してください。」

はい。

事務所(自宅)へ戻り、定款と申請書の補正作業。

じっくり会社の目的を考えなおして、将来やりたいことまで具体的にたくさん書いた。

投資事業。。。イベントの企画、運営。。。

夢がふくらんでしまうなあ。

今度はただしく署名したうえで送信。法務局へ電話する。

すると、印鑑改正書に住所が書かれていないため、書かなくてはいけないとのこと。

再度、法務局へゴー。

おっと、担当の方に先約がいる。

しかも話がずいぶん込み入っていて、、、数十分待つことに。。。

登記の申し込みは、これでおしまい。

あとは、法務局内で登記の手続きをしてくれるようだ。

ただ、登記が終わったからと言って、連絡がくることはないらしい。

「25日の午後には終わりますから、また来てください。」

とのこと。なるほど。

「待つ」のは不慣れだ。じれったい。すぐに動きたい。

しかし、いちおう大人だしここは余裕をもって、じっくり待つ事にしよう。

果報は寝て待て!

おやすみなさい〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。