構成員の選択

組織に属するということは少なくても、自分が尊敬できる何かを、組織のトップには持っていてほしいと思うよね。

自分が技術系の人間であれば、トップには尊敬できる技術的なスキルを持っていて欲しいし。

企画の人間であれば、斬新なアイディアを出す企画スキルを持ったトップを尊敬するし。

営業の人間なら、さすが!とうならせるトップセールスを見せてほしいと思う。

 

だけど、異なるスキルというのは、一人のなかにいくつも持つのは難しいし。

それぞれの専門家をあつめてトップ集団をつくろうと思うと、話が噛み合なくて、まとめるのが大変そうだ。

だから、同じスキルをもった人間を集めたほうが、話があうから楽になりそうだ。

でも話があうからって、同じスキルを持った人間ばかりをトップに集めたら、いったいどうなるだろう。

 

たとえばトップが、営業系の人間だけになってしまったら。

営業の人間には尊敬されるだろうけれども、、、技術や企画の人間は「うちのトップは自分たちのことをわかってない」と思いそうだ。

自分がこのような組織の一構成員だったとしたら、自分に何が変えられるだろう。

 

いや、無理だ。

自分以外の誰かを変えようとすることは愚かなことだって、昔から言われてる。

トップを変えるなんて、無理なことはしない方がいい。

すると、自分に出来ることは、黙って染まるか、辞めるか。

それとも事を荒立てず機会を窺い、爪を研ぐか。

 

こういうとき、みんなはどうしてるんだろう。

 

多分だけど、ひとつだけ確実に言えるのは。

誰だって自分に不利益なことは聞きたくないし、関わりたくない。

褒めてもらいたいんだよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。