ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションという言葉は、バズワードっぽくて、好きじゃなかったです。

でも最近になって、自分が得意なことはもしかしてそれかも知れないと思いました。

 

たとえば、モバイルウォーズを作った動機というのはそもそも、カードゲームを作りたいという事にはなくて。

「どうすればWebマネーを買ってもらえるか?」

というところから始まりました。

Webマネーはコンビニで気軽に買える電子マネーです。

何かサービスを始めたとき、課金してもらわないと、会社が立ち行きません。

なので、

「どうすればWebマネーを買ってもらえるか?」

を考えました。

 

答えはシンプルなものになって、

「最高に面白くて、強烈に興奮して、深夜コンビニにダッシュする!」

そんなものをつくれば良いのではないか?

という風に思いました。

 

強烈に興奮するというのは、コンピューター相手のゲームではあまりないだろう。

相手が人間のバトルなら、そう感じることもあるかも知れない。

その人の人柄がすけて見えたり、その人の人間関係をゲームの中で意識できたらどうだろう。

こういう「人間関係をベースにしたゲーム」を作れば、「深夜にコンビニにわざわざ行く」という動機づけが出来るかも知れない。

で、ケータイの小さな画面で作るゲームなら、カードがいいかなと。ここで始めて、カードゲームという発想が出てきました。

カードの前に、「人間関係ありき」でした。

そして「人間関係カードゲーム」という形になりました。

 

今、流行のダウンロード型アプリは、この辺のことをまったく考えなくて良くて、ボタンをポチッと買えます。だから、少し物足りなさを感じます。

ゲームが作りたい、ゲーム作りに集中したい、という人には、向いているんだろうけれど。

 

さて、「動機付け」の形を変えれば、まったく別の異業種でも、収益化のきっかけを作れるのかも知れない。

などと考えています。

 

つまり、

「人が、お金を払っても良い、と思えるほど楽しめることを作る」

ということになります。

これをゲーミフィケーションと言っていいのか、単に事業や会社を作るということなのかはわからないけど。

 

やってみたら、どんなことになるんだろう?

いろいろ考えてます。

 

誰かが作ってくれた、「ボタンをポチっとすれば買える」という便利な価値に、乗っかるんじゃなくて。

「欲しくて欲しくて仕方なくて、わざわざ手間ひまかけてそれをしてしまう。」

そんな仕掛けをしてみたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。