発明する

プロデューサーとして、自分が良いと思って作ったものが、みんなに受け入れられなかったら?

そのときは、仕事を辞めるべきだろう。

データを分析して市場の動向をつかむ努力をする、なんてことはしない。

市場の様子を伺いだしたら、二番煎じしか出来なくなる。

直感で何が良いかわからなければ、だめだ。

 

モバイルウォーズが未だに必要とされているのは、やっぱり当時のそれが他のどこにもない、誰よりも早く始めた画期的なサービスで、つまり発明だったからなのだと思う。

みんなが求めているのは、見たことがないものを見たいという欲求。

そんなものを作って、しかもみんなに喜ばれるという興奮を味わってしまったら、やみつきだ。

作り手としてこんなに嬉しいことはない。だから、ずっと発明を続けたい。

これから自分がプロデューサーとして世に出すサービスは、必ず何か発明をしようと思う。

 

直感を信じられなくなると、一所懸命データを見て、そこからヒントを得ようとしがちだけど、データの分析は、仮説の検算でしかない。

事前に仮説がない分析は、時間の無駄。それは未来を予知しないから。

でも業界は違っても、人間の業は変わらない。これからの流行を探るヒントは、異業種の歴史の中にある。

この道14年の人間の仕事だから生み出せた価値。それがあることを証明できれば、若い人も年をとることが楽しみになるはず。

そうやって歴史が作られていって、いずれ他の業界に参考にされるような歴史になる。出来れば、反面教師ではなく、積み上げていきたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。