退職します。次は、発明家になります

昨年1月1日から入社した会社を、今月で退職します。

いちど経営に失敗した身でありながら、やっとのことで入社できた会社はその後、東証一部に上場しました。

こんなに立派な会社にせっかく入れたのに、自主退職を決めました。

仙台に事業所を作らせてくれとお願いして入れてもらって、さあ仙台に事業所が出来て、頑張ってやっと地域に根付いてきたわけだけど、そうしたらああもうぼくの仕事がなくなってしまった!

何か自分に出来ることはないかなと社内を見渡しても、仙台で出来る自分の仕事はなさそうだ〜。ということで、辞めました。
1年4ヶ月、お世話になりました。ありがとうございます!

しかし!来月からいよいよニート!!
24歳でサイバードに入ってから何度か転職する機会がありましたが、いつもブランク無しで、失業手当をもらわずに、次の会社に入れていました。

今回は、初めてのフリーの身です。
会社を作るの?と聞かれますが、まだ会社は作りません。
前回の失敗経験から学ぶと、何のために会社を作るのか?を、事前に決めたほうが良いと思います。

次に作るときは「何をやる会社か」が、はっきり決まっていて、それをやるために「東京と同じ水準の給料」を払えるようになってからにします。

なんでか?というと、東北に戻りたいと思っている東京で働いてる人が、安心して戻れる環境をつくるのです。
仙台だから給料が安くても妥協してくれるだろう、とか思っているとなかなか戻ってこないんです。だから最低でも東京と同じ給与水準は保つんです。

そのためには、東京ではやっていないイケてるサービスで当たるしかない!!

でも世のイケてるサービスは、会議室で話し合って生まれたというより、ひとりのヘンクツな人間が生み出したことの方が、多いような気がします。

さいわいぼくはヘンクツだし、ひとりで新しいことを生み出すことが得意です。
2007年に発明したカード合成進化システムは流行りました。
だから出来ると思います。

食えるか食えないか?と考えだすとやっぱり怖くなります。妻も子もいて38歳なので。だから、やるのかやらないのか?誰がやる?誰もやらない?じゃあ俺がやる、と勝手に使命感に燃えて、挑戦するのです!

新しいことをやると言っても、並のことをやっても仕方がないので、方針を決めました。
「発明になるくらい新しいこと」をやります。

なので、基本的には「特許がとれるかどうか?」が、やるかやらないかの基準になってくるかなと。
何が特許になるのかまだよくわからないので、いろんなことに挑戦して、まずは特許出願をしようと思います。
いまのところ2個出願しています。今月はあと1個出願する予定です。

発明になるくらい新しいことに興味をお持ちの方!
パートナーさん募集中です。ぼくがアイディアを出します!
お仕事のご相談お待ちしています。

モバイルコンテンツの発明ブランドMWJAのサイトはこちら
http://mwja.jp

ご連絡こちらまで
ja@mwja.jp

よろしくお願いいたします
m(_ _)m

“退職します。次は、発明家になります” への 1 件のフィードバック

  1. 古い記事かと思ったらリアルタイムな記事だったー。ビックリのあまりコメントしてしまった(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。