想像するのが趣味

発明家になる、というエントリをfacebookでしていらい、hiroka.netのユーザ数が800人を超えました。

そういえば、ミドリムシのダウンロード数もすぐに1000を超えたのはきっと、このブログの読者の皆さんが遊んでくれているんだと思います。いつも、ありがとうございます。

このブログは、ぼくがふだん思うことを語るだけの個人的なものであって、たいしたコンテンツもないのですが、それでも興味を持ってもらえているのは、きっとぼくがこれからつくるものへの興味があるということなのだと思います。もしくは過去にぼくがつくったコンテンツに興味があって、だから作り手にも興味があるということかも知れません。どちらにしても興味を持ってもらえるのはありがたいことですが、実は、ぼくもぼくに興味を持つ人にとても興味があるんです。

マーケティングなんていう高尚なものではないです。単にどうして興味をもったのだろう?と考えることでみんなが何をしてもらいたがっているのかを考えることが趣味のようなものです。昔、@AJAというコミュニケーションコンテンツをやっていたときも、そこで生まれたたくさんのカップルを見て来ました。人と人の出会いの場や運命的な出来事の場作りに関わって幸せを感じます。

このかたの職業はきっと夜の華なんだろうな。華やかな世界だけど実際は気遣いが多くて一人になるときはぐったり疲れて、ケータイポチポチやってるときが癒しのひとときなんだろうなとか。このかたは大人びた発言をするけどきっと学生だろうな。家族仲があまり良くなくて我慢をすることも多かったから、現実でうまくいかないいらだちをゲームのなかで発散するのが心地よいんだろうなとか。

という、メンバーのことをああかなとか、こうかなとか、あれこれ想像するのが趣味です。趣味すぎて、小説も書いてました。現実の我慢や違和感を積み重ねて、モバイルコンテンツのなかに逃げ道を見つけた二人。同じ思いを共有する仲間を見つけて、最初はコンテンツの中のつながりだったけど、そのうち現実でも会うようになって、同じ傷をもった者同士だからたちまち意気投合した。しかし、深みにはまりすぎて、現実生活に悪影響が出るようになった。お互いを思いあう関係のまま、あまり近づきすぎない方がお互いのためだと納得して、またそれぞれの道を歩くようになる。少しだけ、以前より前向きな気持ちになって。というあらすじ。。。

いつか小説家になってみたいなと思うけど、なかなか上手にならないな〜。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。