10年越しのビジョン

9月2日は、40歳の誕生日。会社をつくって1年目。ちょうど、10年前の2004年も、会社をつくって1年目に30歳になった。10年の節目。この間に経験したいろんなことを糧にして、これからの経営者人生は、大きく成長していきたい。

10年前に語ったビジョン。IT界のトヨタになる。地方都市にとって、巨大な影響力をもつことで、戦後の国策を是正したい。つまり、東京に一極集中し婚期が遅れ、老いて行く国を再成長させるための救済策になりたい。いずれ、行政区の名前を変えるくらいの重要な存在になりたい。

当時はまだ目新しかった「東京を離れて地方でIT系の会社をやる」ということに、こんな大きな覚悟が必要だった。でも、さすがに10年もたった。何度も倒産しても、何度も退職しても何があっても、ずっと同じビジョンに向けて努力を続けられている。いまは前よりは自然体に言えるようになった。

どうやって達成するかのロードマップも描いていた。モバイルがあると楽しく歩ける街。つまり、ハードウェア。車やビル。建設業界や行政。すべてをモバイル中心に再構築された街をつくるんだ。製品だけでなく、サービスやノウハウや技術を輸出する。ソースはここ。http://japan.cnet.com/sp/v_select/20306027/2/

モバイルという言葉は、とんと聞かなくなったけど、要は、データ化された、もう一人の自分。最近は、ビッグデータとかクラウドとか、いろんな言葉で言われてるけど、要は人。人中心の世界を作る、ということ。自分が欲しいと思うちょっと前に、モノがあっちから近寄って来てほしい。それを実現する世界。察しの世界。モノが主人の顔色をうかがって、先まわりして提案する。すべてのモノが、長年つれそった執事のようになる。これは最高に気分がいいぞ。面倒なことはすべてモノがやってくれる。

そして10年後。未来は向こうからやってきた。それがIoT。モノのインターネット。ネットがモノにつながるようになる。ようやく10年前に思い描いてたビジョンに近づける。モノは小さいものから大きいものまであらゆるものがネットにつながる。ネットにつながらないモノは気が利かないから欲しくない、売れない、という未来が来る。

ギジンという社名は、擬人化からとったけど、こういうような未来のビジョンを実現したい、という意味を込めた。擬人化と言っても、モノを美少女キャラになぞらえて玩具にする、ということではない。くれぐれも。

面倒なことから解放された人類は、人がすべきことに集中できる。それが、遊ぶってこと。人は、遊びのなかから新しい価値を見つけ出す。人は、人にしか出来ないことに、集中する。自分がやっていて一番、楽しいことに集中できる。それでいいんだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。