肉をつくろうと思います

ここ最近、いろいろ考えていて、次にやるべきことが、だんだんくっきりと見えてきた気がするので、メモします。

IoTゲームに事業領域を絞り、活用するテクノロジーをBLEとiBeaconに狙いをつけて、1年いろいろやってきました。ここ最近は、自分でも手を動かして、研究を続けてきました。それで、いろいろ知ってきました。

サービスをつくる際に、アンチテーゼを大事にしています。大きな流れがあれば必ず裏のニーズがあり、表は大手、裏をスタートアップがやる、という役割分担が適切と思うからです。

モバイルウォーズは、アンチSNSとして始まりました。サービスの成長に伴って、戦うだけでなく仲良くするというSNSの顔も持つようになってきました。みんなと仲良くするのが表の姿ならば、誰かとバトルするのは裏の顔。

で、次の大きな流れは、IoT。IoTの表の顔はロボだと思っています。わかりやすいので。じゃあ、裏の顔は何かという。

だんだん、表現の話になってくるかなと思います。
ネット回線が遅かったガラケー時代だから、読み込み時間をドキドキに変えられた、みたいなことがあると思います。
いまはパワフルなスマホ、回線速度もはやい。こういう背景を踏まえて、どうやって個性を表現するのが適切なのかな、と。

いま流行ってるロボへのアンチとして、どういうテーマを選択するのかが個性になると思います。

というわけで、肉にします。これからは、肉を作ろうと思います。

何を言っているか、はしょるとよく分からないと思うのですが、表現なので。。説明してわかるようではいかんと思います。
この本は何が面白いとか、この映画はどこが面白いとか、このコントは何が面白いとか。説明して伝わってはいかんのです。見てもらえないので。
スプラトゥーンだって、イカがインクを塗るって言ったら「は?」ってなって、よくわからないし。でも面白いから、やってみればいいよと誰かに勧められる。そんな風になりたいなと思います。
スマホゲームで肉をつくるって?しかもそれがIoT?どういうこと?とか思ってもらえるといいな。

ちょっと作ってみて、あまり良い表現じゃなかったら、なかったお話になるかもだけど。とりあえずやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。