登記の準備をしています

開発用のサーバの手配と、最初にどこのプラットフォームに出すか。

そんなことからだんだん決まりはじめましたよ。

来週早々には、さっそく登記して、サーバの申込書を送付して、デベロッパーサイトに登録。

来週中には、会社が正式に設立、そして開発スタート!

順調にいきそうです。楽しみです。

そうそう、最近はネットで登記が出来るんですね。

登記ねっと

せっかくなので、「合同会社」を「ネットで登記」という、新しそうなことをふたついっぺんにやってみます。

以前、K sound designを立ち上げたときは、大和町の法務局で登記しました。

田舎だったので、ネットで登記どころかコンピューター登記も出来ず、法務局内で書類を手書きした覚えがあります。

「ああめんどくさい、ネットで出来たらラクなのに!」などと思っていましたが、あれから7年後のいま、とうとうネット登記が出来るようになったんですね〜。

さて、ネットで書類を提出するためには、書類が改ざんされていないという証明が必要なので、すべての書類を認証しなければいけません。

会社設立の際には、法人がまだ出来ていないので、個人としての認証をするようです。

この辺のことがよくわからず、電子定款の認証をどうやったらいいかわからないまま、いきなり法務局に行ってしまいました。(ムダ足だった〜)

代表者が個人の場合で合同会社を設立するときは、法務局に行くのではなくて、区役所で住民基本台帳カードを発行してもらいます。

同時に「個人認証サービスの電子証明書」を交付してもらいます。

このふたつで、合計1000円が必要です。

さらに家電量販店で、ICカードリーダライタを買います。

これをUSBでつないで住基カードを読み込ませます。

これでハードウェアはOK、次はソフトウェアです。

前述の、「登記ねっと」のページのダウンロードから申請用総合ソフトをダウンロードしてインストールします。

(Macには対応してないので、、、BootcampのWindowsで作業しました。)

マニュアルも分厚く、ソフトの使い方を覚えるのにも一苦労ですが、行政書士に頼むお金もない設立当初は、経費削減のためにもがんばる価値ありです。

設立時の登録免許税が5000円安くなるし、登記事項証明書や印鑑証明書を法務局に行かずに請求して、郵送してもらうことが出来るみたいです。

今後ラクするために覚えておいて損はないですね。

、、、などといろいろ書きましたが、この情報はまだ登記前なので、間違っているかも知れません。

書類はそろえたので、来週になったら、申請ボタンをポチっと押してためしてみます。

出来れば登記日が、2月22日などになってくれると、会社の創立記念日が覚えやすくていいなあ。

明日はお休みですが、夜は設計図を書き始めようと思います。

“登記の準備をしています” への 2 件のフィードバック

  1. 引越してワードプレスにしたけど、まだ使い慣れてません。ワクワク、ゾクゾクする日々です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。