事務作業のノウハウと出会った

ノートに領収書をはる作業をどうやったらいいか?先輩に聞きに行きたい。

、、、と奥さんが言うので、今日は奥さんの先輩のお家におじゃましてきました。

「ノートに領収証をはる作業について何をきく必要があるんだ。ただぺたぺたとはればいいじゃないか」などと思っていて。
まあ、久しぶりに先輩に会えるらしいので、しかたない運転手とおしゃべりもはずむだろうからその間、子守りをしようかという気持ちでいました。

先輩が本を一冊貸してくれました。
なにげにぱらぱら読んでみました。

すると、領収書をノートにはるやり方について書いてありました。

それによると、下からはるのだそうです。
ノートの上からはるのではなく、下からです。
「なんで?」と思ったけど、よく考えてみると、上からはっていくと、次の領収書をはるときに、いったんめくらないと次のがはれない。

ところが、下からはれば、めくる必要がない。

なんということでしょう!
「領収書をノートにはる」という一見単純そうなことにも、ノウハウがあっただなんて!

ところで昨日、サーバの注文書を出すにあたり、規約などを読む必要がありました。
この規約をファイリングしておきたいと思ったもので、文房具屋までファイルを買いに行ったのです。

なんとなく、クリアファイルを買いました。
パンチで穴をあけるファイルだと、大事な書類に穴が開くのがイヤだったので。

でも、心配もありました。
クリアファイルは、後で中身を入れ替えたいと思ったときに、非常に面倒なのです。

おそらく後でまとめて中身を入れ替える作業が発生するはずです。

でもクリアファイル以外の代替案が浮かばなかったので、しかたなくクリアファイルを買いました。しかも今後のこともあるし、と、3つも。さらに、ファイルをしまっておく用のケースがないと困るだろうとケースも一緒に。

ところが、今日借りた本には、ファイリングのノウハウも書かれていました。

「フォルダにまとめる」のだそうです。

マックの画面でしか見た事の無い、あの形のフォルダです。
そうだ、、、こういうの売ってるの見た事ある。

これを使えばこまめにまとめられるから、後でフォルダごとケースに入れ替えるのもラクだ。

いままでロクに事務作業をしたことがなくて、いつも人任せにしていました。

でも仕事から事務作業がなくなることはないだろうから、効率的な事務作業のやり方について知っておけば、いつか自分以外の人がやることになっても、役にたつはず。

今日は、新しい発見にたくさん出会えた、視野が広がった、楽しいな。

奥さんには「もっとおしゃべりすれば良かったのに」と言われたけども、いろいろ勉強してたんですよ。