若林区荒浜を望む写真

早い時期にニュースになった200〜300人の遺体が見つかったという若林区荒浜は、自分の自宅から自転車で20分の場所です。

 

平坦な田園地帯を抜けて、木々を超えて海を見る。たまにサイクリングに行ってはのんびりしていた、好きな場所でした。

 

気になって、写真を撮ってきました。

いま、こんな変わり果てた姿に。

 

写真奥が荒浜の方向です。

ここは本当は道路のはずです。

 

津波は、一段高いところを走っている東部有料道路を超えて西側にまで来たようです。

東と西をつなぐトンネルの中はこのようになっています。

津波はおそらくこのトンネルを抜けて西側にきたのでしょう。

西側も残骸だらけ。

残骸をふむとグニュっとした感覚。

靴が水にぬれて足が冷たい。

津浪はガソリンスタンドを破壊したのだろうか、辺り一面、むせかえる油のにおい。

だんだん頭が痛くなる。。。

こんな環境で道無き道を進んで、荒浜を目指す気力は、、、なかった。

 

荒浜へ続く道は残骸を片付けてつくられたのでしょう。

黄色いテープが張られて、立ち入り禁止区域になっていました。

 

近くを通りがかったおじさんが話してました。

「おらほさの車がみつからねーべさ」

車もあちこちに流されて散乱している。

最初は、田んぼに水がはられているのかな?と思いました。

しかしちょっと時期が早い。

しかも、潮のにおいがする。

まるで海のようだけど、本当はここは田んぼのはず。。。

以前はこのようにキレイに稲穂が実っていました。(2007年夏に撮影)

 

海のようになってしまった田んぼを復興させるのは、どれほど大変なんだろう。

生活の糧を失った農家の方々はこれからどうなるのだろう。

そんなことを考えずにはいられません。

 

被災地の人たちのため、どうか義援金をお願いします。

 

 

仙台市中心部のガソリンスタンド

 

妻が入院している病院に面会へ行くために、街をクルマで走りました。

 

仙台市中心部は電気が通ったのでガソリンスタンドも営業しているようです。

レギュラー153円と高価ですが、、、目に入ったすべてのガソリンスタンドのすべてが、信じられない渋滞です。

1、2時間は並ぶことを覚悟した方が良いかも知れません。

最後尾がどこかを探して、そこにたどり着くのがまず大変です。

 

たとえば、小田原の出光に並ぶ渋滞は、仙台方面の仙塩街道の終点まで続いてます。

福田町のエッソLPガスは、ガス局前の交差点のはるか先まで続いているようです。

 

ガソリンや灯油をクルマでお求めの方は、ひとりで自宅だけのを買いにいくのはなるべくやめて、誰かとペアを組んでみんなの分をまとめて購入するなどすると、良さそうです。

声をかけあって協力しあいましょう!

 

仙台市の現況

仙台市は若林区と宮城野区が海に面していて、国道4号線のバイパスから東は平坦な田園地帯。どうやらここが水没しているようだ。

自分の住宅から、わずか2キロ先が水没している。。。

受け入れがたい現実です。

 

知り合いに連絡がつきにくい状態は、停電によりケータイに充電が出来ずにいると思われます。

単3の充電器を買おうと思っても、コンビニをはじめスーパー、ホームセンターすべてが、救援物資を求める長蛇の列。

大通り以外のほとんどの道路は、街頭もつかず信号もつかない上、アスファルトが壊れて修理の必要な道路周辺は、大渋滞。

このため電源や情報などは、近場の避難場所まで徒歩で行って得ることになります。

 

また、電波もつながりにくく混雑しているため、電話やメールには遅延がかなり発生しています。

 

ただ、今夜から一部の公共施設と住宅には電気が復旧しはじめています。

 

現在はまだ駅前周辺の一部の地域だけのようです。泉区、富谷町などの郊外は、確認がとれていません。(おそらくケータイの充電がされていない=まだ停電中と思われます)

 

電力関係者の情報によると1週間は覚悟とのこと。

 

ただ自分の家は幸いにも復旧して、ブログで長文もかけるようになりました。

仙台にお知り合いがいて地域の情報が知りたい方は、自分も出来る限り協力しますので言ってください。

 

ご近所さんや市内の身内などから聞いた情報を発信します!