ストーリーが出来た

震災があったので、しばらく仕事ができず。スケジュールが2日遅れてます。

今日は、物語の1話をクリアして2話に進むところまで出来ました。

これで、ストーリーの仕組みの最後以外は出来ました。あとは最後がつくれれば、残りは中身をどんどん入れていくだけ。コンテンツをつくることと、ゲームバランスをとることが残作業になりました。

デバッグ用に初期状態に戻るボタンをつくりました。これを押すと、登録時からのデータがすべて削除される。これを押しながら、なんども登録時からやり直してる。

お話の内容が、登録時からプレイしていて、すっと入ってくるだろうか?説明しすぎてないだろうか?説明が足りなくないだろうか?

でも、これを繰り返してると、面白いのか何なのかだんだんわかんなくなってくる。

最初は、指が奪われるんだったけど、途中から右手になったもんだから、テキストをぜんぶ書き直した。

いや、最初は指は奪われなかったんだったけど、やっぱり最初に奪われることになった。

指を奪われるだけだと現実感がなさすぎるから、一番最初は携帯も一緒に奪われることになった。

こんな作り方です。

2日の遅れ取り戻せるか〜。

 

sessionとmemcache

sessionとmemcacheを、どんな場合に使い分けたらいいか、いまいちわかっていなかったので、どちらもメモリを使うのだろうと、なんでもかんでもセッションに入れていたら、バトルで、proxy request failedが頻発するようになった。

どうも配列に入れたデータが多すぎたことが原因のようだ。

セッションは、idをひとつ入れるとか、軽めの用途の方が無難そう。

配列をあちこち持って行くような処理は、memcacheを使うことにしよう。

今まで書いたところを書きなおし〜。