もしも〜し

奥さんの耳が、毎日どんどん聞こえなくなっている。

今日はとうとう、起き上がることも出来なくなっていた。

 

生まれて初めて119番に電話した。

入院が決まった。

精密検査は明日だ。

 

そんな1日。。。

 

ママはひとり病院で心細いね。

愛する息子は元気だよ。

 

ママがんばって。はやく元気になってね。

 

 

健康に感謝

4年ぶりのぎっくり腰になったのは、2月26日でした。

3日間はイスにすわれず、子供も抱けず、7日後の3月4日まではクルマにも満足に乗れませんでした。

28日には奥さんに異変があり、3月4日に耳鼻科に行ったら難聴との診断。

それからめまいで歩けず、ずっと寝ています。

自分がぎっくり腰のとき、寝ているしかなかったけど、なおったと同時に、今度は奥さんが寝てる。

 

こんなにタイミングが良くお互いが調子を崩すと、同時に病気にならなくて本当に良かったと思います。

おかげでお互いが困ってるときに、助け合えます。

「何事も家族の支えが無いとうまくいかない」ということを、こんなときに感じます。

何にもしてくれなくても良くて、ただ健康でいてくれるだけでいいんです。

それで、いつもどれだけ助かってるか。

いつも健康でいてくれてありがとう。感謝です。

 

 

イントロダクション

 

開発してると、「バグがなおって動くようになった!」となると、嬉しいけど。

 

後でよくよく考えると、「この流れでは違和感があるかも」ということで、没になって、やり直すことがここ数日何回かあって。

 

こんなやり方で果たして2ヶ月で開発出来るんだろうか?などと思う。

 

何を何個、いつまで作るのか、まるで決めてない。

予算もない。

そのとき思いついたことをただ作ってる。

 

まったく先が見えない。

 

でも、楽しい。

 

昨日はイントロが出来て登録終わって、ホームへ行けるようになった。

だけど今朝見直したら、イントロの修正、バトル画面のレイアウト変更点を見つけた。

 

午前中はお家の仕事をしました。

午後は作業します。

 

 

バトルのルーリング

奥さんが病気で寝ているので、子供をおんぶしながら朝、仕事した。

 

APIで名前とアバター画像の取得ができた。

アバターが表示されると、ゲームで目立ちたいと思えば、アバターをもっと着飾りたくなるよね。

 

昨日は(チュートリアルだけど)バトル画面が出来た。

どんなルールにしようか?とか、考えながら画面をつくったので、時間がかかってしまった。

 

朝ごはんを食べさせたら、子供はゴキゲンになってきた。

今日は、チュートリアルを完成させたいな。

 

 

 

チュートリアル制作&全削除

 

今朝、早起きしてびっくり。

あたり一面、銀世界。

冬のように寒いですが、朝日はとてもきれいで、得した気分です。

 

 

昨日は導入部分の世界観が出来たので、チュートリアルをつくりました。

ガイドが出てきて「やあ、こんにちは!」という明るいノリはどうも苦手なので、暗くてどろどろした感じになってしまいます。

 

感情移入してもらえるかな。。

 

でも、せっかくつくったチュートリアルを、操作ミスでぜんぶ消してしまった。

しかも、まだバックアップをとってなかった。

、、、こんな事故、はじめて。

ひとりで開発してると思っていたから、油断してたなあ。

消えたのはHTMLだけだから、不幸中の幸い。

 

 

5分ごとにバックアップをとるプログラムを走らせた。

、、、うーん、まだ心配。

1日ごとにサーバからローカルにバックアップをとるようにしよう。

 

 

以下メモ

HTMLに書いたスペルミスを一括で修正して、バックアップまで残してくれる便利コマンド

find ./template -name ‘*.html’ | xargs sed -i’.bak’ -e ‘s/tutrial/tutorial/g’

 

 

口座が出来たよ

今日は、銀行に口座をつくりに行きました。

 

あとはずっと素材のデザインをしてました。

コンプリート用の素材は、だいたい完成。

「こうやって作れば良い」という手順が、出来ました。

 

次は、素材を何パターンかの種類に分けて、何個用意すればいいかをまとめてみようと思います。

 

それが出来たら怒濤のルーチンワークが待っている〜。

 

 

スタッフが4人いる?

INSERTとUPDATEの処理を学ぼうと思っていたけど、どちらも同じ処理だったようで。

「APIで情報取得して、ユーザ登録してホームに行く。」

という最初のINSERTが出来た。

コードを書きまくった。

 

さて、自分の頭のなかの、プログラマ脳がこんなことを言い出した。

「はい!新しい環境でプログラムする心配は解決しました!これでもう作れます!…で、何を作るんですか?」

 

しまった。

プログラマ脳に何を作らせるか、まだまとまっていない。

 

すると、ディレクター脳が言い出した。

「む、出番か?よし、オレ様がまとめてやろう。」

 

間髪入れず、デザイナー脳がこんな提案をした。

「ディレクターが考えやすいように、素材を何点か先につくってみますか?」

 

経営者脳が、釘を刺す。

「ねえ、ディレクター。面白いだけではダメだよ。無料で遊べるのを前提に、課金でショートカットする仕掛けを入れてね〜。」

 

うん。

作ってる自分は、ひとりのはずなのに。

なぜか、たくさんのスタッフに助けられてる気分です。