書けば書くほどつまらない

久しぶりにストーリーを書いた。しばらく時間をおいて見直したら大変だ。

なんてこった。テンポが悪く、つまらない。

 

1ページに5行以上も字があると、それだけで読む気が失せる。

 

自分には内容のあるお話を書く才能などないのだから、文字を眺めているとダンスしてるような気になるような、心地よいテンポ命。なのに、ずいぶん状況説明が多く冗長になっていた。

 

きっとケータイで確認してなかったからだ。。。

 

修正するのがまた大変。phpMyAdminで行を探してまず更新。ケータイで確認するとき、リロードでは画面が変わらないようになってるから、チャプターをいちどクリアして戻ってきて一周してからまた確認。いやいや、こんなやり方では日が暮れる。管理ツールをつくって探す手間を省いて、リロードで更新したデータが出てくれば1周する手間が省けるから、開発中はメモリから出すのではなくDBから毎回SELECTさせよう。急遽明日の仕事が追加になりました。

 

状況説明も、心情解説もいらない。ありのままの事実と台詞を、たんたんと短く書く。ケータイ小説の鉄則だよね。これを守りましょう。

 

 

お話を想像する

 

おはようございます。今日もいい天気ですね。

 

今日の予定は、9時に外出があります。コンプをもっと良くして、大悪魔の開発に着手。あとは何よりストーリーを10個つくる、です。なかなか進んでいません。

 

16日までにやることは、コンプと大悪魔とお知らせなので問題なく終わりそうです、素材も大丈夫。ちょっと先が見えないのがストーリー。

 

素材は手作業でやると決めてから、量の膨大さに途方にくれてましたが、いざもくもくとやってみると、どんどん効率よくやれるようになってきてます。どんな作業でも、成長や改善を感じられると楽しくなってきますね。

 

ストーリーにはそのような手応えをまだ感じてません。つまり制作量が足りてないんですね。もくもくと大量につくってみる行程が、まずは必要そうです。今日は開発のペースをすこしだけゆるめて、想像力を働かせてみようと思います。