48(開発中)の画面を紹介します

いよいよ、審査の申請予定日まであと10日となりました。

 

今日のお仕事は、ゲームバランスの調整とデバッグをやりました。

こういう作業が始まると、そろそろ始まるんだな、という気がしますね。

 

テストプレイも来週からの予定なので、画面イメージを公開しました。

こちらには、マイページも紹介しています。

 

実際にやってみると、ケータイ小説を読む感覚で進むソーシャルアプリ、という感じです。

でも、肝心のストーリーがまだ3分の1しか終わってません。テストプレイ中はクリア不可能かも。。。

 

 

定点観測

 

おはようございます。日課の散歩と写真撮影をして帰宅です。

 

毎日同じところを歩いたり、同じところを撮影していると、あまり代わり映えもしないので、だんだん飽きてきますね。

こういうときは、同じ視点のままで違うところを歩いたり、違うところを撮影するか。

違う視点で同じところを歩いて、同じところを撮影するか。

 

最初は新鮮だった早起き生活も、そろそろ慣れてきて普通に、退屈になってきました。

 

だけど毎日同じところの写真をとっていると、日々違う何かに気づかされるような気がします。

 

どんな状況になってもすぐに慣れて飽きて退屈してしまうなら、代わり映えのないなかに楽しみを見いだす能力を鍛えていた方が、楽しく生きられそうです。

 

毎朝の定点観測で、この能力のトレーニング中です。

 

 

今週やること

 

おはようございます。今日は雨が降りそうですね。

 

さて、今このようなものが未開発です。

・モノを売る(個数選択、チェックボックス)

・不戦勝(ケース入れ替え時に注意書きを出す)

・称号(レベルアップで変化=企画未決定)

・プレイヤーのレベルアップ時のパラメータ向上(DBで管理か計算するか)

・モノのレベルアップ(導入をどこからするか)

・贈り物(モノとアイテムと身体)

・仲間がいることでの差別化、仲間解除。

・欲しいモノのPR

 

たくさんあるな。これがなければテストプレイ(ゲームバランスのチェック)ができない、というのから先にやろう。

ストーリーは10個できた。あと38個。

モノの素材制作は順調だから、もっと増やそう。そうすればガチャでふだん見ないモノが手に入っていいね。

 

 

ランナーズハイ

 

最近どんどん朝が早くなってきた。

寝る時間は変わらないけど、今日は4時前に起きた。

まだ暗かったので、二度寝した。5時に起きた。

 

ここ最近はたんたんと仕事していて、生活リズムがずっと規則正しい。時間割をつくってから、守れてる。

奥さんに言ったら、ランナーズハイじゃない、と。なるほど。ハイになってるかも。

 

こんな朝型生活も、有名な作家さんみたいで良いかも。

ずっと続けられたらいいな。

リリース後も、サーバメンテナンスがやりやすそうだしね。

 

いよいよ今週が、テスト前の最後の1週間。新しいことをやるのはやめて、今あるものをより良くすることに集中します。コンテンツを追加して、導線を考えてつくる。選択のプルダウンがあった方がいいだろうとか、一気にたくさん処理できた方がいいだろうとか。

 

知恵やアイディアが必要というよりも、気配りと思いやりが必要な仕事ですね。あと根気。

 

オープニングイベントを何にしようか考えていまして。友だち招待したらレアなモノを1個もれなくプレゼント、とかがいいかな。招待した友だちが誰かを招待したらさらにもらえる、なんてのもいいかも。

 

改善をしてました

 

今日はなんと、暴風警報が出てました。。。朝と夕方は平気だったのに。お昼だけ。

なので、自宅でお弁当を食べながらお花見しましたよ。とても美味しい楽しかったね。

 

今朝、新企画の開発の延期を決めたことで、今日の開発は改善をしていました。改善は楽しいですね。まったく新しいのを作るよりも、今あるものをもっと良くすることが好きで得意です。今までのお仕事もずっとそのようなことをやってきたわけで。

 

気力を回復するアイテムを何にしようか悩んでました。何でも自由に考えられるわけではなくて、今ある素材から考えるしかないのです。なので「どうしてこのようなものにしたのですか?」と聞かれたら「あるものから選んだからです」と答えるでしょう。

 

ストーリーは、だいぶ読みやすくなりました。奥さんも最初のストーリーを読んでくれました。かわいいと言ってくれたので、良かったな。かわいいことは大事にしたいです。身体を奪われるというテーマがホラーっぽいので。怖くないですよ。

 

やらなきゃいけない細かいことが、いろいろ見えてきました。それはいいんだけど、やっぱりストーリーが遅れ過ぎ&足りなさすぎです。29個終わってる予定ですが、いま6個です。これはまずいな。明日もストーリー追加します。

 

 

大悪魔の開発は延期です

今日は、大悪魔の仕様についてあれこれ考えていましたが、延期することを決めました。

 

大悪魔は、コンプ後の企画です。コンプの付加価値を高めるために考えましたが、コンプするまでのコンテンツがそろっていないのに開発を始めると、リリース延期のリスクが高くなりそうです。1週間後を予定しているテストプレイでは、大悪魔の実装はされないままでますが、コンプ後の企画がなくてもコンプは出来るのでゲームに問題はありません。

 

それよりコンテンツがそろってないことは問題です。今ケースを買えるだけのショップも優先させないといけません。ランキングはリリース後でも良さそう。

 

さすがにやることを詰め込みすぎた。ひとりでテストしてると、あちこち中途半端で、惜しい感じがします。少し削ります。その分、今ある企画を充実させようと思います。

 

がんばり屋さんとなまけもののバトル

 

おはようございます。今日はお花見日和です。お花見できる市内の方は、今日しましょう。今を精一杯、全力で生きるエネルギーを、桜に感じにいきましょう。

 

昨日は管理ツールをつくったおかげで、ストーリーの追加が初めてはかどりました。

 

でも、ひとつのストーリーをつくるのに、時間が劇的に早くなったというわけではないのです。そうではなくて、1個つくり終えてから、次のをつくるまでの休憩が不要になりました。なので結果的に、作業が早くなっています。

 

どうして改善できたのかを考えると、とても良い教訓に気づきました。

 

今まで明らかに無駄だと思っていることをやらざるを得なかったのです。そのためひとつ終わるたびに、よし続きをやるぞ!と思うやる気がなくなっていました。またあの無駄なことをやらなきゃいかんのか、、、と思うのです。

 

でも無駄だと思っていたことをやらなくて良くなると、やるべき作業に集中できます。やるべき作業そのものは、努力や成長を強いられるので、楽しいことばかりではないですが、やる気をそぐようなものではありません。

 

この気づきは多くの作業者を抱えるマネジメントに応用できそうです。マネジメント層は、作業者が無駄だと思っていることを取り除くことに、腐心するのです。

 

作業者は作業に集中しなければいけないので、このことは上位者の仕事ですね。作業者は、作業に集中できれば、やる気がなくなるなんてあり得ません。作業は楽しいですから。

 

作業者のやる気がなくなることの原因は、本人にあるのではなく、上位者にあります。事前に練られていない目的と行程。そのために、明らかに無駄だと思われることをやらされる。これはやる気をそぐよ。

 

やる気は、なくす原因を取り除いてあげれば、勝手に出てくる。ついでに言うと、より良くするためであれば仕様変更や修正は、お互いの意思疎通さえ出来ていれば、それほど苦にならないんですね。

 

自分の場合は、意思疎通をしなければいけないスタッフは自分しかいませんから、楽ですね。でも自分のなかでは、がんばり屋さんとなまけものが、いつもバトルしてますね。

 

 

サマータイム

 

今日からサマータイムにしました。時間割を更新しましたよ。

朝食前に1限があります。

朝食後が3限になって、午前中は計4限。1日の開発は、この4限で終わらせる予定です。

昼食と午後の休憩を一緒にして、14時から3限続けます。夕食後、さらに1限で午後も計4限。これは全部コンテンツ制作にあてる予定です。

昨日の反省を活かして、コンテンツ制作に振り分ける時間を増やしました。今日はまずストーリー更新ツールを午前中につくって午後に備えようと思います。

 

書けば書くほどつまらない

久しぶりにストーリーを書いた。しばらく時間をおいて見直したら大変だ。

なんてこった。テンポが悪く、つまらない。

 

1ページに5行以上も字があると、それだけで読む気が失せる。

 

自分には内容のあるお話を書く才能などないのだから、文字を眺めているとダンスしてるような気になるような、心地よいテンポ命。なのに、ずいぶん状況説明が多く冗長になっていた。

 

きっとケータイで確認してなかったからだ。。。

 

修正するのがまた大変。phpMyAdminで行を探してまず更新。ケータイで確認するとき、リロードでは画面が変わらないようになってるから、チャプターをいちどクリアして戻ってきて一周してからまた確認。いやいや、こんなやり方では日が暮れる。管理ツールをつくって探す手間を省いて、リロードで更新したデータが出てくれば1周する手間が省けるから、開発中はメモリから出すのではなくDBから毎回SELECTさせよう。急遽明日の仕事が追加になりました。

 

状況説明も、心情解説もいらない。ありのままの事実と台詞を、たんたんと短く書く。ケータイ小説の鉄則だよね。これを守りましょう。