アカウント凍結とサポートとのやりとり

Gnoovをやってみたくて、twitterに登録しました。

さあ、ゲームを始めようと思ったら、「10人のフォロワーがいないとゲーム始められない」そうで。

仕方ないので最短でゲームを始めるために、無差別にフォローしまくってたら、twitterにアカウント凍結されました。

凍結されたのが8月3日。

すぐに解除してくださいと運営にメールしました。

待つこと数日、英語で返事が来ました。

読めない。。。

 

翻訳サイトによると、「これこれこういう使い方をすると凍結されるからよろしく」てなことが書いてました。

。。。解決になってない。

再び解除要望をメールしました。

 

待つこと数日、今度は日本語で返事が来ました。

どうやら凍結は解除されました。

もし自分に無知や、あるいは悪意があってスパム行為をしていたとしたら、頭を冷やすために、この9日間という期間は良いかも知れません。

 

しかし、返事の内容が興味深かった。

 

要約すると、

・我々のサービスにはこのような大義がある

・そのためにユーザが守るべきルールはこれである

・守るならば使って良し、守れなければ永久凍結。

という感じ。

 

びっくりするほど上から目線です。

ユーザからお金をもらってサービス運営しているわけじゃないので、これで良いのでしょう。

twitterの大義が、何億人という人にルール守らせても良いほどに価値のあるものなのでしょう。

他に似たようなことをやっている競争相手がいないに等しいから、このやり方で良いのでしょう。

 

裏を返せば、

クローンが跋扈して競争相手が強くなる、または経営状態が変化し、ユーザ課金を始めて商売優先になると、お客様を持ち上げざるを得なくなる。

持ち上げられたお客様は、熱狂的なマイノリティに成長し、この狂信的な意見に運営が影響を受けてサービスが変化すると、もともとのビジョンが揺らぐ。

するとルールを守ることの価値が薄らいで荒れてしまい、ユーザ離れが起きる。

 

どこかで聞いた事がある展開だ。

あ、昔のモバイルウォーズじゃないか。

こうならないためには、、、

 

競争相手が生まれない保証はないから、競争しても勝てるようになること。

それがやりたくてユーザは来るという、サービスのキラーで勝つ。

しかも、キラー以外でも勝つ。

一番いいのは、そもそも競争する気すら起こらないほどの、圧倒的な何かをするってことかな。

 

ところで、WEBサービスのキラーってなんだろね。

やっぱりサービスなんだから、サービスマインドじゃないかしら。

サービス提供者がお客様に心地よくなってもらいたいという気持ち。

 

これからまた新しいゲーム作りますけど。

そろそろゲームだけじゃなくて、ゲーム以外のサービスも作ってみたいな。