とは言ったものの

さよなら仙台、などと言ったものの、ただ自分の身が東京に来た。

それだけのことなんですよね。

 

ネットビジネスなので、自分がどこにいようが会社がどこにあろうが、カンケーなし。

 

こんにちは東京。お久しぶりです。

前は港区でしたが、今度は目黒区です。

住み慣れない土地でバタバタしてます。

でもちょうど良く3連休が来たので、家のことがいろいろ出来ました。

引越の片付けや、電気、ガス、水道、ネットなどなどトラブル続き。

何も無い部屋で毛布をしいて寝た2泊。

ガスがつかえずシャワーを浴びれずに3泊。

ネットがつながらないまま4泊。

壊れた洗濯機の工事まであと2泊。

あとちょっとで普通の生活に戻るよ!

 

さあ、ぼちぼち旧友と会ったりご挨拶まわりなど始めたいと思っています。

仕事が今後どうなるかが心配のタネですが。

がんばろうと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

最後の学びと、さよなら仙台

父が富谷町議選に当選しました!

応援していただいた皆様、ありがとうございます!

 

半年前に父が、町議を辞職すると聞いた時は驚きました。

辞めないと町長選には出れないのだそうです。

健闘しましたが、町長選は敗れてそれから半年後。

再び挑んだ2期目の町議選は、当選!

20人の枠に30人が立候補するという激戦でした。

 

自分も大声を張り上げながら街宣車に乗り、朝7時から辻立ちして。

チームのみんなと心を一つにして、手にした勝利の味は格別でした。

 

わずか半年で2回の選挙をするという、未だかつてしたことがない経験。

この2回の挑戦をする父の背中から、自分が学んだことがあります。

 

町長選は、現職との一騎打ちでした。

1期目を終える直前の議員が現職の町長に挑むなんて、とても無謀。

だけど、自分の心に信じるところがあれば、恐れることなく挑戦すればいい。

全力で挑戦すれば自分が大きく成長できるし、その姿は天が見ている。

勝つためにやるとか、負けないためにやるのではない。

挑戦することに価値がある。

それが生きるっていうことなんだ。

 

その姿に感化されて、自分は会社を辞めて、また新しい会社を立ち上げました。

 

そして今回の町議。

前回の町長選とは、いろいろなことが違いました。

前回は、たくさんのブレインに囲まれて神輿に乗っていたように見えたけど。

今回は自分が考え、自分が動いていたように見えた。

戦略や話し方や、やり方をやりながらどんどん刷新していって、どんどん良くなっていった。

人の意見もどんどん取り入れていった。

本当の意味でチームの中心にいて、チームを引っ張っていったんだと思う。

しかも自分の力を誇るわけでなく、チームのみんなへの感謝を忘れない。

 

父はずっと大企業で働いてたから、部下は命令すれば動く、という環境でずっと生きてきたのだと思います。

その価値観が、変わったように思えました。

長い間積み重ねてきた価値観を変えるって、本当に大変なことだと思うんです。

 

何歳になってもどんな状況でも、自分の気持ち一つで学ぶことが出来る。

学んだことは自分を変え、周囲を変えて支援者が増えて、どんどん大きなことが出来るようになる。

そんなことを学びました。

 

自分もこれから、大きく環境が変わります。

新しい環境では、下手をすれば、昔話を得意げに語るいけ好かない奴になってしまいます。

だから、環境が変わる前に、この気づきを得て良かった。

自分は、学びたい。たくさん学んで、大きなことをしたい。

選挙を手伝うことが出来て良かった。

 

今週、7年間過ごした仙台を離れて、東京へ戻ります。

終わってみれば、7年間、あっという間でした。

何が出来るようになったかな。

何かが出来るようになったと思えないけど、胆力はついたように思えます。

 

7年間の仙台生活の最後に選挙を手伝えて、すばらしい学びをさせて頂きました。

新しい環境では、出来るようになったことを活かそうなどと思わずに、さらに多くのことをバリバリ学んで、大きな事を成し遂げたい!