はやく仕事にしたい

いま趣味として、仕事以外の時間に開発しているサービスがあるんだけど。

もちろん趣味で終わらせるつもりはなくて、仕事に出来たらいいなって思う。

「仕事に出来たらいいな」って思うのは、これでお金が稼ぎたいって気持ちじゃなくて。

24時間365日、全力で一心不乱に没頭したい!って、ただそれだけ。

 

仕事が終わってから開発してるとき、よく思う。

ああ、もっと時間があれば。

もっと、もっとやりたい。

なんでこんな半端な状態で終わらせないといけないんだ、って。

 

会社の事業として認めてもらうとか認めてもらわないとか。

会社の利益に貢献だのなんだのには、まああまり関心なくて。

あるのはただ、自分が今、夢中になって開発しているこれが近い将来、多くの人に喜んでもらえるに違いない!という強烈なイメージのみ。

 

この状態に入っている自分を突き動かすのは、もはや自分ではないんです。

たとえば、使命感とか、そういうものかも知れない。

自分がやるしかない、という確固たる思い。

5年前に自分がソーシャルカードゲームを作り始めた時、今こんなに流行るなんて誰が思えただろう?って。

 

やるしかない。

ユーザが何を求めているかなんて、ユーザにはわからない。

だけど、今つくっているこれを完成させてそして、遊んでもらいたい。

そしたらみんなきっと、こう言うはず。

「あ、そっか。俺やりたかったのは、これだ。」って。

そしてこう付け足すはず。

「なんで今までなかったんだろう。」って。