たまには、自慢でも

今日は、自慢話をしますよ。

 

このケータイ業界に社会人になって入ってから、自分が関わった仕事で結婚した人を、何組も見届けました!

社員の結婚も見たし。

担当していたサービスの会員同士も何組も結婚した。

 

人の「人生に関われることをしている」っていうのが、自分にとって最高のやりがいですよ。

 

これからも自分が関わるサービスが、その人にとってすてきな思い出のきっかけになれるといいな。

 

ところで前のエントリで、家に帰ったらビール飲んで何もしてないって書いたけど、あれは事実じゃなかったよ。

そういえば、やってるわ。いろいろと。

胸が躍るような新規プロジェクトではないけどね。

大もうけすることでもないけど、やらなければいけない大事なことです。

まあ、前の会社の清算とかです。

これをしっかり終わらせてから、夢があふれるプロジェクトを始めよう。

そのときは、朝5時に早起きして開発する、なんてことが出来るパワーがまた戻るだろう。

よし!やるぞ。

 

疲れたサラリーマン

くたくたのぼろ雑巾を、キュキュっと絞って、だましだまし使っている、そんな感じの今の自分ではありますが。

 

それでも必要としてくれる方がいるのは嬉しいです。

ゲームプロデューサーの方も、開発会社の社長さんも、一緒に仕事をしたいと言ってくれたり、MWのお客さんも自分の仕事に期待してくれています。

ありがたいことです。

 

昔の自分だったら、組織が味方してくれていたので、ぜんぶ受けられました。

だけど今の自分は、会社が決めたプロジェクトの歯車。

一日の大部分の時間を、「出社」して「時間を拘束」されます。

久しぶりのこの状況です。

「時間を支配されていると思う」と、めちゃめちゃ気持ちが疲れるんだけど、俺だけかな?

 

経営者のときは自分の時間を自分でコントロールできたから、少しでも短い時間でやるために工夫しようと思えたけど。

今出来る工夫は、せいぜい18時に帰れるかどうか。

8時間かかりそうな仕事を1時間に短縮できたとしても、残り7時間は拘束されてしまう。

18時に仕事を終えて暗いなか家に帰ると、すっかりぐったり疲れてて。

何か別なことをしようなんて気が起きないのだ。

ノンアルコールビール飲んでる方が楽しいのだ。

 

おいおい、これじゃ疲れたサラリーマンじゃないか。。。

まずい。。。

まずいぞ。