プラットフォームを作りたい

着想と創造のあいだには闇がある。新しいアイディアだけでイノベーションが生まれるわけではない。そのアイディアを現実とする行為も等しく重要なのだ。

T.S.エリオット

 

未来を予測する最良の方法は、自分で作り上げることだ。ソフトウェアを真剣に追求するなら、ハードウェアまで作るべきだ。

アラン・ケイ

 

今、スティーブ・ジョブスの伝記を読んでいますが、大好きな言葉が次から次へと出てきます。

自分が常日頃、大切にしてきたことが、この本のなかで、大切にされているのが嬉しい。

 

上に紹介したふたつの言葉を、モバイルサービスでよく使う言葉で言い換えると、こんな感じかな。

・アイディアだけでは価値がない、プロトタイプを作りユーザを千人くらい集めるところまでやることが重要。

・業界の将来が不安なら、自分で作るべき。

・サービスを真剣に追求するなら、プラットフォームまで作るべき。

 

最近、「プラットフォームを作りたい」なんてと言うと、怪訝な顔をされます。

いろんな人に言ってるんですが。

逆に、なぜプラットフォーマーを狙わないのか?

今まで意味がわからなくて、俺はあほなのかなと思っていたのですが、上の言葉のおかげでわかりました。

自分は、勝ち目や、勝ち方を考えるより先に、サービスを真剣に追求したいと思っていたんです。

 

今、アンチSNS(というプラットフォーム)のモバイルウォーズをちゃんとやったら、面白いものになると思うよ。

ソーシャルゲームの息苦しさに疲れた人が、たくさんいるだろうから。

 

でも自分の今の興味は、それとはちょっと違うところにあります。

SNSをもっとゲームにフォーカスして、SNSに次元を超えた進化をさせて。

スマホ時代のサービスプラットフォームはこれだよ!という提案なのです。

考えてると、ワクワクが止まらない!

 

でも、難しい技術の問題にぶつかってから、進んでないんだ。。。