2つの問題を同時に解決

あいかわらず今も、事業アイディアをいろんな人に聞いてもらっています。

話せば話すほど、ああこのアイディアは俺が思いついたのではないなあ、天から授かったのだなあと思えます。

天から授かったのだから、やらないわけにはいかない。

なんとしてでもやらなければいけない、という使命感を感じますよ。

 

なぜそう感じるのか不思議だったんで、考えてみました。

 

たぶんこのアイディアは2つの問題を解決します。

ひとつは、ソーシャルゲームバブルがはじけた後は、何をしたらいいのだろう?

というみんなの不安を解決するものであること。

 

もうひとつはソーシャルゲームが出始めの頃は、データベースへの大量のアクセスを処理しなければという問題がありましたが、最近は技術の進化でその問題がこなれてきました。

でも問題がない状態というのはないので、何かどこかに問題があるはず。

そしたらありましたありました。

大量のデータの送受信です。

これはまだ問題のままでした。

たとえば秒間何十メガという大量のデータを常に送受信している状態を保ちながら、安定したサービスを提供する技術です。

次に解決すべき技術的な問題は、ここにあったよ。

逆に、この技術的な問題を解決するまたは解決策を提案できれば、今まで見た事がないサービスを提供することが出来るんだね。

 

この2つの問題を同時に解決できるアイディアだから、天から授かったと思えるのかも知れないなー。

まあなんにしても早くやりたいな妄想してるだけじゃ絵に描いた餅だよ。