ただ成長したい

今日は、昔の仲間とお話しました。

「仙台に会社をつくって、会社をでかくしたいんだ。」

そんな話をしていました。

そうしたら、質問されました。

「なんで、会社をでかくしたいんですか?」

 

その場でなんと答えたか?

詳しく覚えてないけど、大事な質問だったなと思います。

どうして、会社をでかくしたいと思うのか?

 

富や名声のため?

いや、まさか。

それなら昔、手に入れた事がある。

 

だけど、いったん失った。

失ったものを、取り戻したいため?

その動機は、無いと言えば嘘になる。

 

でも、そういう理由は、ぜんぶ後付けな気がする。

もっと原始的な欲求なんです。

なんで欲しいのか考えたこともない、考える必要もないくらい、会社をでかくしたい。

 

子どもが成長するときに、自分はどうして成長したいと思うのだろう?って。

そんなことを考えないでしょ。

それと一緒。

ただ、成長したい。それだけ。

自分も、自分の会社も、成長したい。

 

仙台を選んだのには理由があって。

一度やってみて、成功したときの体験が忘れられないし。

一度失敗したから、今度は成功させたいって思う。

成功体験も失敗経験も、片方だけより両方あった方が、成功確度を高めてくれるはず!

 

 

優秀な人

 

さあて、優秀な人を探さないといけません。

 

でも、優秀な人って、どういう人だろう?

どういう状態を、優秀というんだろう?

そんなことを考えてます。

 

かつて一緒に働いた人のなかにも、みんながみんな口を揃えて「あいつは優秀だ」と言われる人がいました。

ほとんどの人は「ここはいいけど、あそこがダメだ」という風に、万能ではなかった。

たまに「あいつはダメだ」という人もいたけど。

 

ここ数ヶ月、そんなことを考えながらいろんな人と向き合ってきて、優秀さってこういうことなんじゃないかな?と思った事があります。

優秀な人の素質としては、2点。

1、自分がわからないことをわかるようになることが楽しい

2、他人のために役立つことが嬉しい

このふたつがあれば、優秀と言えるんじゃないかな。

 

俺はこんな事を知っているとか、こんなことが出来るというのは、役に立たない気がします。

新しい環境では今までのやり方は通用しないかも知れないし、状況はどんどん変化するし。

わからないことや困難にぶつかったときに、イライラしたり周りのせいにするのではなくて、自分で解決方法を探したり勉強することを楽しめないとね。

 

あと、何をするにしても動機は、自分本位ではダメだよね。

自分のキャリアのためだったり、富や名声が目的だったり。そういう打算を超えたところに、俺は誰かの役に立ちたい、という思いがないと。

 

これは何も社員だけのことじゃなくて、社長だってお客様の役に立っているわけだから、みんなにとって必要な素質だね。

 

このふたつくらいに絞れれば、優秀かそうでないかを見分けるのは、ずいぶん楽になった気がします。

あとは、いくら勉強が好きでも1を聞いて10を知る人ばかりじゃないし、上手に嘘をつく人がいるかも知れないから。

そこを見抜かなきゃね。

 

たまに1と2を満たしているんだけど、自分に自信がなくて自己卑下してしまう運の悪い人もいるよね。

本当は誰かの役に立つのが嬉しいのに、誰かの役になんて立ちたくない、と逆の意味で嘘をついてしまう。

 

もったいないよね。

素直に正直に、ありのままの自分を表現することに慣れよう。

怖がらなくてもいいんだ。

 

旅行から戻りました。

20120124-115023.jpg

ハイサイ〜。

沖縄旅行から戻ってきました。

今日から六本木でお仕事開始です。

今まで旅行に行くと体調を崩す事が多かったけど、今回の旅行は毎日健康で、無事に過ごせました。

下戸なのに泡盛飲んだり、朝6時まで楽しくゲームをしたりして、友だちもたくさん出来ました。

少し前まで、毎日体調を心配しながら生活していたのに。

すっかり回復したなあ。。

嬉しいな。

さあ、お仕事チバリヤ〜。

20120124-115334.jpg

旅行

初めての沖縄に来ています

旅行はかれこれ何年ぶりだろう

前回はカリフォルニアに行った

どちらもお仕事がらみだけどね

今回は家族を連れて来たかったな

綺麗な景色や花を見るたび、子供はどんな顔をするかな?喜んでくれるかな?と思うよ

20120121-233111.jpg

20120121-233206.jpg

負けることを知る

1、市場に、一番最初に参入する。

2、最初は勝手がわからないから、いくつかゲームを作ってノウハウを貯める。

3、貯めたノウハウによってユーザ数を確保できるゲームが出せたら、そこに経営資源を集中する。

4、次のゲームからは既存のゲームからユーザを流せるから、ヒットの確率が上がる。

5、競合が増える前に自社で数百万の会員を維持すれば、勝ち組に入れる。

他社は新規での参入障壁が高くなって、よっぽどのことがないとヒットを出せなくなる。

勝ち組はすでにユーザを持っているし、ヒットするノウハウもあるから、下手な冒険をしなければ勝ち続ける。

 

K sound designでは、1までは出来ていた。

しかし参入した時点で、すでに人材が流出していたため、2へ行けなかった。

そのため、ひとつのゲームに固執することになる。

しかし一度ゲームに飽きた人は戻ってくることがない。

そのうち資本力のある競合が同じジャンルに現れて、ユーザを根こそぎ奪われて負けた。

 

いつから終わってたんだろう。

きっと上場を目指すのが1年早かったんだろうな。

黒字になってから、上場目指せば良かったのに。

そうしたら手元の現金も活かせただろうに。

 

1が出来ただけでも良しとするべきか。。。

市場に1番に参入出来たのは、それまで4年間積み重ねてきた、信頼と実績。

それを評価されたはずなんだから。

 

でも負けた悔しさってのは、なかなか消えないや。

今、転職した自分が働いているのは、上の5つがちゃんと出来た勝ち組の会社。

自分がやりたかったことを、やってきた会社。

世界観とかクオリティとか一部の人の才能に頼るのではなくて、勝つべくして勝つ仕組みを作り上げること。

そうだよ、俺はこれをやりたかったんだ。

そんなことに気づかされるたびに、負けた悔しさがこみあげる。

 

自分の創るものの世界観や才能を、社長にずっと褒められてきたので、いやそれではダメなんだと思いつつも、気分が良かったのかもしれない。

とんだ間抜けだ。

 

これからしばらく、自分が負けたということに、毎日、正面から向きあうことになりそう。

さあ、これからしんどいぞ。

 

勝つ事ばかり知りて、負けることをしらざれば、害その身に至る。と、徳川家康も言ってる。

たぶんこれは、負けてみればいいってもんじゃなくて、負けることを知る、ということなんだ。

見たくもない自分の負けた姿を、嫌でも毎日見て毎日向き合うってこと。

しんどそうだけど、本気で挑戦して本気で負けて、これから本気で再挑戦しようとしてるんだ。

次は絶対に負けない。

 

 

心の壁をたたく音

ここ数年は、自分のやることの優先順位を、自分が決めることが出来た。

なので、自分の判断を超えたところで優先順位が入れ替わる、なんてことはしばらく無かった。

ちょっと戸惑い中です。

何をするか決めたら、ゴールにつくまで脇目も振らず他に目もくれずにやる、という風にやってきて、それがパワーになると思ってきたけど。

いったんふわっと中に浮いて。

何かが間に入ってきた。

今までそこにあると思っていたニンジンめがけて走っていて、もう少しで届くと思っていたら、遠くに持って行かれた。

そんな感じ。

違和感が残る。

この違和感を解消するために、脳みそは考える。

「もっと走っておなかを減らせた方が、ニンジンが美味しく食べられる。」

確かにそうだ。

理性はいつだって感情を無視して、合理的な答えを出すもんな。

でも、感情は「もう少しで食べられると思っていたのに!」 と不満を叫ぶ。

理性と感情が衝突してる。

さあ、どうしよう。

こんなときは、心の声を聞こう。

心に、YESかNOかを聞こう。

コンコン(心の壁をたたく音)、心さん、これ、NOですか?

心「NOじゃないよ。」

、、、あ、そうですか。

NOじゃないんですか。

じゃあこのままで良さそうだね、流されちゃいましょう。

 

他のことを考えません

20120117-130954.jpg

これで行く、といったん決めたら、あとは他のことをあまり考えません。

絶対できるはずだと信じているから、いま出来ていないとしたら、やり方が悪い。

もっと違うやり方なら、出来るんじゃないか?

そんな風に、どうやったら出来るかを考えるのにもトライするのにも、時間がかかります。

だから、やっている間は、他のやりたいことを探したりしません。

それは今やりたいことを、やりきってから考えることにします。

 

これで行く、と決められることがそうそうあるわけじゃないけれども。

3ヶ月前に、見つかって。

今も、諦めたりせずに、やりたいことのままです。

誰かに話せば話すほど、実現できる気がします。

今やっていることが直接関係ないことに思えるようなことでも、実現に向かっているような気がします。

ゴールは見えてる。あとは、やるだけ。

2年以内にはゴールしたいな。

 

 

面白い人が集まる街

20120115-221442.jpg

モバイルサービスの仕事は、仙台でやることが大事などと言うと、なんで仙台なの?と聞かれます。

たぶん、自分の出身がたまたま仙台だったということなんだけど。

東京以外、ということが大事なんだと思う。

東京以外でやりたい。

むかしは自分が働くことで、社会にいいことをしてる実感が欲しくて。

東京以外でこの仕事をしてる、というそれだけでも良かったけれど。

いまは他にも、東京以外でやることの意味を感じてる。

東京でやってるとどーしても右や左のことが気になってしまう。

仙台だとそれがなくて、それがいい。

ということは、過去に手がけたプロジェクトが証明してくれるはずなんだけど。

いかんせん知名度がなさすぎる。

仙台からこんな面白いサービスが生まれたんだよって言うことで、面白い人がたくさん集まる街になるといいな。

 

仙台とモバイルサービス

20120110-204017.jpg

仙台とモバイルサービス

このふたつは関係ないと思ってた

 

東京にくればもっと早くもっと大きくなる

そんなモバイルサービスがつくれるなんて期待してた

 

でもそれは勘違いだったよ

 

仙台でないとダメなんだ

仙台だったから出来たんだ

少なくても自分にとっては

ここが力をくれてるのかもしれない

 

いまは夢に向かっている実感を得れているからかな

不安はないことないけど

不思議と焦りはないなあ

毎朝食べれるフルーツも楽しみ♪

 

インフルエンザA型

最高に天気の良い3連休だったらしいけど。

この3日間は初日からインフルエンザにかかってしまって、ずっと寝てた。。。

 

予防接種したのになあ。

しててもなることあるんだって。

急激な高熱と食欲減退。

それが何日も続くのだそうで。

さいわい3日でだいぶ良くなった。

 

でも連休中になったのはラッキーだったなー。

今日中になおってまた明日からもりもり仕事しよう!

 

あ、どうか家族にはうつりませんように。。。