心の壁をたたく音

ここ数年は、自分のやることの優先順位を、自分が決めることが出来た。

なので、自分の判断を超えたところで優先順位が入れ替わる、なんてことはしばらく無かった。

ちょっと戸惑い中です。

何をするか決めたら、ゴールにつくまで脇目も振らず他に目もくれずにやる、という風にやってきて、それがパワーになると思ってきたけど。

いったんふわっと中に浮いて。

何かが間に入ってきた。

今までそこにあると思っていたニンジンめがけて走っていて、もう少しで届くと思っていたら、遠くに持って行かれた。

そんな感じ。

違和感が残る。

この違和感を解消するために、脳みそは考える。

「もっと走っておなかを減らせた方が、ニンジンが美味しく食べられる。」

確かにそうだ。

理性はいつだって感情を無視して、合理的な答えを出すもんな。

でも、感情は「もう少しで食べられると思っていたのに!」 と不満を叫ぶ。

理性と感情が衝突してる。

さあ、どうしよう。

こんなときは、心の声を聞こう。

心に、YESかNOかを聞こう。

コンコン(心の壁をたたく音)、心さん、これ、NOですか?

心「NOじゃないよ。」

、、、あ、そうですか。

NOじゃないんですか。

じゃあこのままで良さそうだね、流されちゃいましょう。