意見書の見通し

今日の午前中で、拒絶された出願へ対する意見書を、どのように書くかの見通しをつけました。拒絶されてみて初めてわかったんだけど、審査基準が公開されている!!

審査基準のトップページ
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun/hypertext.html

コンピュータ・ソフトウエア関連の発明についてはここ
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun/part7chap1.html

ちゃんと読んでから審査請求すれば良かった!
でも難しいので、事前にぜんぶ読んでもよくわからない。それよりはとりあえず出してみて、どうしてダメだったか教えてもらった方が勉強になるはず。審査請求料は10万円以上するので、高い勉強料だけれども。

趣旨は一読すると良さそうだけど、ぜんぶだらだら読むよりポイントを抑えた方が良さそう。ということで、今回拒絶された理由のふたつ(良くあるらしい)にかかる記載は、下記のふたつ。

第I部第1章2.2.2.3(3)参照 2.2.2.3 第36条第6項第2号違反の類型
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun/part1chap1.html

平たい言葉で言うと、「詳細に説明しよう」「明確にしよう」という感じ。

「詳細」といっても、言葉の定義も決められているので従います。

1.1.2 留意事項(2)請求項の末尾が「方式」又は「システム」の場合は、「物」のカテゴリーを意味する用語として扱う。

第I部第1章2.2.2.3(3)参照2.2.2.3 第36条第6項第2号違反の類型(3)
特許を受けようとする発明の属するカテゴリー(物の発明、方法の発明、物を生産する方法の発明)が不明確であるため、又は、いずれのカテゴリーともいえないものが記載されているために、発明が不明瞭になる場合。

物の発明以外にも、方法の発明なんてのもあるのか!
何が物で、何が方法にあたるのかも、はっきり定義されていた。

次に、よくある拒絶理由と言われている「進歩性」について。

(特許の要件)
第29条 産業上利用することができる発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることが出来る。
一 特許出願前に日本国内又は外国において公然知られた発明
二 特許出願前に日本国内又は外国において公然実施をされた発明
三 特許出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となつた発明

(これだよな〜!2007年7月にリリースしたモバイルウォーズには最初からカード合成進化システムがあったわけで。だから出願前に公衆に利用可能となつていた。事前にせめて出願さえしていれば。。。!!)

2 特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる発明に基づいて容易に発明をすることができたときは、その発明については、同項の規定にかかわらず、特許を受けることができない。

(つまり、同じ業界の人なら、簡単に思いつくでしょ?というものは特許にならないということ。)

ちなみにこの拒絶理由で引用文献として引き合いにだされた特許は3つあって、タイトー、ソニー、DNPという名だたる企業のもの。引き合いに出されるだけで嬉しく思ったりするけど、このうち2社は出願してるだけで審査請求してないんだね。だから正式な特許ではない。でも優先権があって、先に出願した人に主張されたら無効にされる。違いを言わないと特許が認められない。

スマホもない昔の時代の特許なので、何に使うのか目的がはっきり違う。だからそれを言えば良いんだけど、何と言ったものか・・独特の言い回しになかなか慣れないなあ。

 

5月からの作業予定をボチボチと

5月からいよいよフリーの活動開始です。ラッキーなことに、5月からの契約も頂けそうです。これで今回もハローワークへ行かずに次のステップに進むことが出来そうです。家族が路頭に迷うこともなくなり、まずは一安心。

さっそく5月からの仕事の予定を立ててみました。作業をすべて自分でやらなければいけないのは、想定していたことなんだけど。考えなければいけない企画の仕事にも締め切りを決めなきゃいけない。つまり、本当にここを締め切りにして、ベストなアイディアが出るんだろうか?というところ。

あと、自分のスキルが伸びなければ出来ない仕事に対しても、締め切りを決めなきゃいけない。特許出願はともかく意見書の作成なんてやったことない。やったことのない仕事も終わりを決めなきゃいけない。なので、毎日数時間やることで、自分のスキルはこれくらい伸びる。だからだいたいこれくらいには仕上がるだろうという予定を立ててみる。

この4時間を書類作成の時間にして、時間内に全体の何割終わらせるという風に。MTGや、幼稚園のお迎えの予定も外せない。

そして、GWに1日も休みがないことが判明!なんてこった!まあ、駆け出しのフリーランスだし、仕方ないか。GWはお天気も良いみたいだから、庭の草むしりをしたい誘惑がやってくるに違いない。お花に水まきをするタスクも重要。

晴れてフリーになったので、憧れのカフェでノマドワークをしたりとか、仙台のコワーキングスペースにも行ってみたかったんだけど、ちょっと先になりそうだなあ。

 

おたよりを頂きました!

ja@mwja.jpアドレスに、モバイルウォーズメンバーの方から、おたよりを頂きました!

感動的な内容だったので、ぼくひとりのものにしておくのがもったいないので、シェアします!(許可を頂いています!)

 

ーーーーー

 

初めまして。

支援や問い合わせなどでは無いのですが、モバイルウォーズという検索ワードからこちらのサイトへ辿り着きました。

私は以前、敬天愛人というハンドルネームでモバゲー版モバウォで遊んでいました。

あの先進的なシステムに魅せられた一人です。

ユーザーとしての視点ですが、モバイルウォーズというゲームは競争力が無かったというより、途中からバトルシステムが複雑化し、結果的にライトユーザーが去った様に感じました。

単純なのが良かったんです。

そして、そのライトユーザーを補食していたヘビーユーザーは、戦う相手がいつも同じになり楽しめなくなった訳です。

更に、ヘビーユーザーがのさばるヒトバトで新規ユーザーが楽しめる筈もなく、「他の似たゲーム」へユーザーが流出して行きました。

私も含めて。
あの時、皆が同じ事を言っていました。

元に戻ったら戻ると。

そこからシステムを回帰させればまだ戻る可能性はありましたが、イラストを募ったり、素人の描いたイラストをガチャにしたりと、迷走するモバウォに呆れました。

しかしながら、未だにモバイルウォーズというゲームは私達の中で伝説のソーシャルゲームであり、復活するのであれば確実に一度は遊びに行く事でしょう。

絵や雰囲気が変わったとしても、あのシステムならば。

モバイルウォーズが終了してから数年経ちましたが、私達は未だにあのスリルと興奮を忘れられずに「代わりのゲーム」をしています。

そして口々に言います。

「モバウォやりてー」
「あれ以上にヤバいゲームはもう出ないでしょ」
「最近のソシャゲは総じてつまらない」

モバイルウォーズが好きだからというより、私達は多くのゲームに触れて来たからこそ、あのシステムの中毒性はビジネスとして成就する可能性をまだまだ秘めていると感じています。

スマートフォンが普及した事で、あの頃より、多くの人間がゲームに触れる機会に恵まれ、ゲーム初心者ではなくなりました。

十分に勝負出来るだけの肥えた土壌があるのです。

長くなりましたが、私達はモバイルウォーズの後継となるゲームをずっと待ってます。

恐らく小泉さんが思っている以上に。

 

私達ユーザーがソーシャルゲームに求める一番重要なものは、現実ではなかなか経験出来ない体験です。
昨今のソーシャルゲームはその事を忘れたのか、元々持ち合わせて無いのか、それを味わう事ができません。
「うちはユーザーが現実では経験出来ない体験をできるものを作っている」と自負している会社もあるでしょうが、私達からすると思い上がりです。

全てとは言えませんが。

もっと具体的にどういったものを求めているかというと、一度経験した体験を二度目も新鮮に感じられなくては意味がないという事です。

それを満たしていたのがモバイルウォーズでした。

手が震えるほどのスリルや興奮、それらの体験を共有する為のスペース、提供者と利用者のコミュニケーションをエンターテイメントにする仕組み、枚挙にいとまがありませんが、とにかく絶妙なバランスでした。

足しても引いてもいけない、完璧に近いバランスです。

それをまた作って下さい。

あのゲームをプレイ出来るのであれば、私達はプレイ出来るまで待ちます。

それほどまでに心躍る素晴らしいゲームですから。

偉そうな事をずるずると書いてしまい、申し訳ございません。

 

ーーーーー

 

感動的な言葉を頂き、ありがとうございます。

モバイルウォーズの復活を望む声をたくさん聞いていて、その声に応えたい気持ちが日増しに強くなっています。でも、みんなの期待が高ければ高い分だけ、前作を超えなければというプレッシャーもあって、悩んでました。

でも、やっぱりやらなきゃいけないことなのかもしれない!という思いを強くしています。

いつ復活できるかお約束は出来ないですが、なるべく早くお披露目できるようにしたいと思います!

 

 

facebookのインサイト

MWJAのfacebookページを立ち上げてから2週間がたち、プロモーションをしないまま、いいね!数が30を超えたので、インサイトが見れるようになりました。

これで、何が驚いたかって、ファンの友達が7710人もいることです。いいね!をしてくれた人が話題にしてくれたら、最大で7000人以上に見られる機会が生まれるってことですねえ。

本当は、発明品を宣伝したい目的で作ったページなのですが、まだ宣伝できる発明品がありません。なので、目についた知財情報などをたまにシェアしています。はやく発明品を紹介したいな。

MWJAのfacebookページはこちら

 

モバイルウォーズが復活するとしたら

モバイルウォーズの復活を望む方のコメントが、今もどんどん増えます。

かといって、ぼくひとりで復活しよう!と決められるものでもないんだけれども、たとえば、もし復活するとしたら、何があるといいんだろう。

今はモバイルウォーズが現役だった6年前に比べると、だいぶたくさんのゲームが増えているわけだよね?

それでも復活を望むということは、むかしモバイルウォーズで体験した「何か」が、今あるゲームでは満たせない、ということだよね?

その「何か」って、何だろう。

「昔は良かったな」という望郷の思い以外に、「何か」があるんだとしたら、復活する意味はあるんじゃないかなと思います。

むかしモバイルウォーズを楽しんでくれたメンバーの皆様!その「何か」を思いついたら、コメントに書いてみてください!

 

 

特許庁から返事が来た!

特許庁から書留が届きました!特許の結果です。

MWJAを立ち上げて、発明家を名乗り始めて10日間、やっと一歩前進です。

でも内容は拒絶理由。。これこれこうだから、ダメ。こうであるから、無理。よって拒絶。だいたい初回は拒絶されると聞いていたけど、強烈な否定の連続。厳しいな〜!

さあ、対策を考えよう!

 

さて、ここまでの特許を取得するため大まかな流れは、

1、出願書類を書いて出願(出願料は1万5千円くらい)

2、審査請求(審査請求料は請求項目の数で増えるけど、今回は12万円くらい)

このとき、早く審査結果が欲しい場合はその説明を書けば、無料で早期審査をリクエストが出来ます。

今回届いたのは、2月21日に審査請求した結果。なんと2ヶ月で届いた!早くて助かるなー。

早く特許を取得したかった理由は、やっぱりインターネットサービス業界は変化が早いので、ひとたび新しい潮流が生み出せたら、あっという間に広まってしまう。

2年後に特許がとれるころには、流行が終わってる。。。なんてことになったら、何のための特許だと。だから急ぎたかった。

自分の発明がすべて新しい潮流になれるかはわからないけど、まずは数を打ちたい。そうして新しい技術で実現できる未来のサービスの中心・大本命の部分で特許をとって、独占的にサービスするか、ライセンス契約を多く結びたい。

そうして「アイディアが儲かる」ことを示すことで、ひとつの流行をみんなで一斉に追いかけて、どこかで見たサービスばかりになるのではなくて、みんなでいろんなことを考えて、多種多様なサービスが生まれる業界にしていきたい。

ベンチャーが大手に勝つには、アイディアと特許!やるぞ!

 

自称発明家

退職して発明家になる、というエントリが、アクセス数をスコーンと増やした。

 

facebookでシェアした効果かな?

発明家?なんじゃそりゃ?という効果かな。

 

どちらにしても効果はありました。

これだけの人数に、これからぼくがすることの宣言が見られた。

これで、退路を断てた。

 

単に面白いことや新しいことをやるんじゃない。

後世に名を残すくらい偉大なことをやるんだ。

それが、発明。発明家の仕事。

 

なのでしばらく肩書きは、自称発明家です。

うわ、、、怪しさ満点。

はやく肩書きにふさわしい仕事をしたいな。

 

退職します。次は、発明家になります

昨年1月1日から入社した会社を、今月で退職します。

いちど経営に失敗した身でありながら、やっとのことで入社できた会社はその後、東証一部に上場しました。

こんなに立派な会社にせっかく入れたのに、自主退職を決めました。

仙台に事業所を作らせてくれとお願いして入れてもらって、さあ仙台に事業所が出来て、頑張ってやっと地域に根付いてきたわけだけど、そうしたらああもうぼくの仕事がなくなってしまった!

何か自分に出来ることはないかなと社内を見渡しても、仙台で出来る自分の仕事はなさそうだ〜。ということで、辞めました。
1年4ヶ月、お世話になりました。ありがとうございます!

しかし!来月からいよいよニート!!
24歳でサイバードに入ってから何度か転職する機会がありましたが、いつもブランク無しで、失業手当をもらわずに、次の会社に入れていました。

今回は、初めてのフリーの身です。
会社を作るの?と聞かれますが、まだ会社は作りません。
前回の失敗経験から学ぶと、何のために会社を作るのか?を、事前に決めたほうが良いと思います。

次に作るときは「何をやる会社か」が、はっきり決まっていて、それをやるために「東京と同じ水準の給料」を払えるようになってからにします。

なんでか?というと、東北に戻りたいと思っている東京で働いてる人が、安心して戻れる環境をつくるのです。
仙台だから給料が安くても妥協してくれるだろう、とか思っているとなかなか戻ってこないんです。だから最低でも東京と同じ給与水準は保つんです。

そのためには、東京ではやっていないイケてるサービスで当たるしかない!!

でも世のイケてるサービスは、会議室で話し合って生まれたというより、ひとりのヘンクツな人間が生み出したことの方が、多いような気がします。

さいわいぼくはヘンクツだし、ひとりで新しいことを生み出すことが得意です。
2007年に発明したカード合成進化システムは流行りました。
だから出来ると思います。

食えるか食えないか?と考えだすとやっぱり怖くなります。妻も子もいて38歳なので。だから、やるのかやらないのか?誰がやる?誰もやらない?じゃあ俺がやる、と勝手に使命感に燃えて、挑戦するのです!

新しいことをやると言っても、並のことをやっても仕方がないので、方針を決めました。
「発明になるくらい新しいこと」をやります。

なので、基本的には「特許がとれるかどうか?」が、やるかやらないかの基準になってくるかなと。
何が特許になるのかまだよくわからないので、いろんなことに挑戦して、まずは特許出願をしようと思います。
いまのところ2個出願しています。今月はあと1個出願する予定です。

発明になるくらい新しいことに興味をお持ちの方!
パートナーさん募集中です。ぼくがアイディアを出します!
お仕事のご相談お待ちしています。

モバイルコンテンツの発明ブランドMWJAのサイトはこちら
http://mwja.jp

ご連絡こちらまで
ja@mwja.jp

よろしくお願いいたします
m(_ _)m

プラットフォームを目指して

モバイルウォーズはもともと、プラットフォームを目指していました。

コミュニケーションのツールに機能を追加するかたちでゲームが増えた、というのが、昨今のソーシャルゲームです。

ですが、モバイルウォーズは、もともとゲームありき。
ゲームにコミュニケーションという機能を追加するかたちを目指していました。

最初のはじまりが、コミュニケーションなのか、ゲームなのかで、その後の成長や大事にすることが、ずいぶん変わるはずです。

これまでSNSでは当然と思われていた常識がまるで違います。
たとえば、「あまり多くを語れません」し、「簡単に別人になる」ことが出来ます。

SNSは今、実名主義でビジネスでも使われているという究極のかたちに到達しました。その反動で気軽に別人になりたい欲求も、高まっている気がします。

たとえばみんなが集まる場所があって、この場所によく来る常連さんたちには、なかなか正体を隠せるものではないですが、そうではない一見さんや、たまにしかこない人にとっては、あなたが前は誰だったかという情報はまず必要とされません。今のあなたが大事です。

ふらっとゲーセンに行く感覚です。店員さんには、顔を覚えられているかも知れませんし、得意なゲームを何回もプレイする人の顔は覚えているかも知れませんが、その人は自分のことを知りません。

というこの感覚が、いいんですよね。

ゲーセンに行かなくても、ゲーセンに行った感じ。
それをやりたいんだよね。