チャットボットにピボット

2014年、IoTゲーム提供を標榜して会社が始まりました。2年たった現在、コンシューマー向けIoTサービスはあまり広まっていない気がします。エンタープライズ分野ではヒットの声も聞くけれども。コンシューマー向けは、そろそろポケモンGOが出るということもあって、あっという間に大企業の市場になってしまった。もうベンチャー企業が勝てる市場ではなさそう。

このチャレンジの総括として、IoTゲームを成功させるためには既存のタイトルが必要だ、となりました。自分が持っている既存のタイトルはモバイルウォーズしかない。そうしてモバイルウォーズのソセイがスタートしました。ソセイさせたらIoTゲームに進化させようとしていました。

売上があがらないまま半年をかけて、無事ソセイが終わりました。さあこれから会員をどうやって増やそうという壁にぶつかりました。お金を使わない工夫はないかと探していたけど、何をするにしても最低限のお金が必要になりそうでした。先にお金を稼がないといけないか、じゃあ何をしようか。。。そんな折、チャットボットのブームが来ました。

国内では早い時期に名乗りを上げたことで、問合せをたくさん頂いてます。とにかく忙しくなってしまって、大慌て。でも急に儲かるわけもなく、ただ忙しいだけ。会員が増やせる見込みが立たなければ、維持費のなかで最も高い課金代行費から削減するしかない、ということで7月からは課金はお休みになります。サーバ維持費だけは払うので、サービスが止まることはないです。

またしばらく赤字の時期が続きますが、請負の仕事をやりながらお金を貯めて、チャットボットと連携したモバイルウォーズをつくるつもりです。